うめこ、大腸炎になる!の巻

うめこの日常
うめこの日常
スポンサーリンク

うめこもちゃ!
2024年の4月に12歳になったうめこは、ご主人と出会った時はペコあり、鼠径ヘルニアあり、足は曲がっている、アンダーバイト(今はアンダーショット?)で歯もガタガタ、しかも心雑音も少しあって大変なチワワだったのだけど、ご主人と一緒に過ごすようになったらペコも閉じて、鼠径ヘルニアも自然と完治(もしくは避妊手術したおかげ?)。足の曲がっている部分は相変わらずだけれども骨折もなく、お口も歯石がちょっとあるけれども歯磨きをして維持、心雑音もどうにか収まっていて意外と健康を維持できていたもちゃ。

が、誕生日を過ぎたある日。
ご主人はある事に気づいたんだもちゃ…それは、うめこの体重が少し減って体が細くなっていた事に…。

痩せてきたうめこに、ご主人…やっちまったもちゃ!

なので、ご主人…うめこに先日作った、ゴリゴリに硬い鶏皮を普段の3倍位うめこに与えて、少しでも体重を増やそうとしたんだもちゃよ…。

全てはシニアドッグのうめこのために!!!!

鶏皮おやつ3倍を続けて2日後…

うめこは下痢になったのでした…

そこから1日ほど絶食をし、月曜日の朝にご主人に1日ぶりのご飯をもらい、ご主人はお仕事へ…

月曜の夜、ご主人が帰宅すると…

部屋はうめこのうんちょまみれ…その数、20箇所以上
ペットシーツでは足りず、カーペットからソファーベット…はたまたドアの縁まで、至る所にうめこの爆弾が設置されているではないですか。

あまりの状況に絶句するご主人&これはただごとではないと察知。
直ぐに動物病院に電話をし、状況説明と何を持っていけばいいか確認。うめこの下痢をどうにか袋に入れ、大まかな部分を片付けて即うめこを抱えて病院へと向かったのでした。

動物病院到着後、電話にて事情は説明していたので、袋に入れたうめこの下痢を渡しとりあえず待つ。

しばらく待って診察。
入室してすぐに獣医さんから『大腸炎』と言われるうめこ。
便の検査結果をいうと悪玉菌が増殖しており、それが原因のもよう。
体重が減っていたため、鶏皮おやつを普段の倍以上与えていたと正直に話すご主人。(動物病院に電話した時点でも伝達済みだったのだけど。)
獣医さんからは『薬を出すので、それを飲み切るまではおやつなし。』とのお達し。

それプラス、お薬を5日分出すので、症状が治まっても必ず飲みきらせてほしい。
おしっこの色が黄色くなりすぎたら、直ぐに病院へ連れてくること。
薬を飲みきった後も症状が改善されなければ、再度検査しましょうということだったもちゃ。(因みに、体重は2.5kgに減ってたもちゃ。)

そこからうめこは5日間毎日大腸炎のお薬を飲んだもちゃよ。
有り難いことに食欲だけはずっとあるので、いつものご飯とお薬を言われた期間しっかりと摂取したうめこだったもちゃ。

しかも、うめこはお薬もおやつ感覚で食べていたので、ご主人にはかなり驚かれたもちゃね。これをみてもらえればわかると思うけど、食欲はしっかりあるんだもちゃよ。

そしてお薬をちゃんと飲んだうめこ…下痢も改善されてホッと一安心していたもちゃ(^^)

が…が…が…

5日間の投薬が終わったら…

また…下痢三昧になっているもちゃーーーーーーーーー!!!

一体どういう事もちゃ??

これは…大腸炎じゃないもちゃ???
ご主人がまたあわあわしてるもちゃよ…うめこ、どうやらまた動物病院へ行く事決定した模様。

うめこの体に一体何が起こっているのか…待て、次回!もちゃ!!!

スポンサーリンク
個性が大渋滞!
umeko

2012年4月7日生まれのチワワ。(♀)
所々ハゲていて足が曲がっていて、しゃくれてるけど元気もちゃ☆時々コスプレしてるもちゃよ。
Twitterとインスタもあるもちゃ♪

umekoをフォローするもちゃ☆
タイトルとURLをコピーしました